« 刑事事件の書き込み | トップページ | 闘いの再開 »

2006年8月 1日 (火)

東京女子大幹部不正事件と東京女子医大医療事故事件+α

先週から今週にかけて夏期休暇のため、ブログの書き込みをしておりませんでした。

このブログでは、

1.東京女子医大医療事故事件

2.東京女子医大幹部不正事件 (ある医師の書き込みでネーミングしてもらいました)

3.1.2.に関連した損害賠償請求事件

を扱っています。登場人物も多くそれぞれが、入り組んでいて複雑です。

次回、書き込みは、全体像がある程度把握できるような、時間経過を追ったアウトラインを作成しようと思っています。

|

« 刑事事件の書き込み | トップページ | 闘いの再開 »

「東京女子医大 幹部不正事件」カテゴリの記事

コメント

先生のブログを多くの心臓外科医は息をひそめて、読んでいると思います。だんだん、今回の事件が見えてきました。それにしても、ひどいことをしてなんとも思わない人間がいるのですね。ところで、先生は何日間、拘留されていたのでしょうか?拘留中のひどい扱いはわかってきましたが、それが、何日間続いたのでしょうか?そしてそれは、何月でしょうか(寒暖を知りたいので)

投稿: OOSAKA | 2006年8月 5日 (土) 00時22分

拘留期間は、6月28日から9月25日の90日間でした。一番辛いのは、起訴されるまでの、留置所(牛込警察署内代用監獄)における20日間です。毎日、警察検察の取り調べがあるので、手錠の取り外しが、8-16回くらいある日がほとんどです。この間、接見禁止といって、弁護士さん以外には娑婆の人には、全く誰とも会えません。勿論、妻、親の面会もできず、手紙もなし。弁護士さんが差し入れした物以外は、本も読むこともできません。官本といって、拘留者が自由に読める本、新聞も読めません。なお、代用監獄では、ボールペン(危害を加えられないように特殊な作り)1本を約20人で使い回しますので、所持もできません。留置所は、鉄筋コンクリート内ですが、夏でも長袖トレーナーを着ないと寒いくらい。風呂は5日に一回。一方、拘置所は、3畳の大きさの個室ですが、クーラーなし。団扇で扇いで暑さに耐えることになります。風呂は週3回で運動時間があって、午前ストレッチ、午後体操、週3回は、鳥かごのような運動場でジョギングしたり、縄跳びができました。起訴されたら精神的には、拘置所の方が楽です。食事も文化的な人間が食するものでした。

投稿: 紫色の顔の友達を助けたい | 2006年8月 7日 (月) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87351/2886049

この記事へのトラックバック一覧です: 東京女子大幹部不正事件と東京女子医大医療事故事件+α:

» アウトライン [アウトライン]
Online Column - モー娘。Happy8期オーディションのアウトライン [2062][Illustrator ... コーチ『メタリック アウトライン ジャンボ シグネチャースカーフ ... 文章のアウトラインツリーと検索を Web で公開する 水とは? アウトライン Flex2.0用のトレーニングDVDが登場(英... [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 05時10分

« 刑事事件の書き込み | トップページ | 闘いの再開 »