« フジテレビ訴訟 本人尋問期日のお知らせ | トップページ | 勝訴 対 週刊女性 「主婦と生活社」 第一報 »

2007年7月 7日 (土)

刑事事件 第二回 控訴審

2007年7月4日 午後13時30分から16時30分頃まで

東京高等裁判所 803号法廷で 刑事事件第二回 控訴審が開かれました。

出廷した公判担当検事は、一人でした。

|

« フジテレビ訴訟 本人尋問期日のお知らせ | トップページ | 勝訴 対 週刊女性 「主婦と生活社」 第一報 »

自己紹介 」カテゴリの記事

コメント

先生が無罪を勝ち取る事を信じています。
がんばってください!

投稿: pyonkichi | 2007年7月 8日 (日) 10時24分

pylonkichi先生コメント有り難うございました。
 この6月28日で逮捕されてから丸5年になります。この状況に耐えるには長い年月ですが、まだまだ継続しなくてはなりません。今更泣き言をいっても何もはじませんので、油断しないよう努力いたします。

投稿: 紫色の顔の友達を助けたい | 2007年7月 8日 (日) 20時10分

はじめまして

ブログ全文読ませていただきました。
正直、同じ外科系医師として、明日は我が身、という気持ちです。

先生の活動は、今後の医療のあり方、司法のあり方、マスコミのあり方などなど、重要な意味を持つものと思います。

がんばってください、という月並みな言葉しか思い浮かびませんが、応援しております。

投稿: プチ | 2007年7月11日 (水) 22時31分

ロハス・メディカルブログの「死因究明検討会6」より、高本委員の発言。
「一番大事なのは真相がどうたったか。刑事でやった方が真相に肉薄するのならそれがいいと思うが、そんなことはない。たとえば女子医大の事件、あれに関して刑事とも行政処分とも関係なく学会で独自に調査委員会を立ち上げた。するとフィルターがたった1ccの水で詰まるということが分かって、それを学会で証明して鑑定書も出した。当然一審は無罪になったが、しかし検察はそれにも関わらず控訴する。裁判が検察と弁護側のパワーゲームに過ぎず、本当に真相とはかけ離れたところでやっている。」引用終了

 真相は既に明らかなのですから、無駄な裁判などやめて、無実を認めるべきです。

投稿: bamboo | 2007年7月30日 (月) 13時18分

主婦と生活社を相手取った名誉棄損訴訟で
一審勝訴されたようですね。
良かったですね。

投稿: ロハスメディア・川口 | 2007年7月30日 (月) 20時27分

pyonkichi先生のブログで「名誉毀損訴訟」に勝訴されたことを伺いました。金額は安いものの勝訴は勝訴です。おめでとうございます。

投稿: 僻地外科医 | 2007年7月31日 (火) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87351/7062784

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事事件 第二回 控訴審:

« フジテレビ訴訟 本人尋問期日のお知らせ | トップページ | 勝訴 対 週刊女性 「主婦と生活社」 第一報 »