« 勝訴確定 対 主婦と生活社 | トップページ | 勝訴 対 地方新聞社事件判決より »

2007年9月18日 (火)

勝訴速報 対 上毛新聞、静岡新聞、秋田魁新聞

判決は、

上毛新聞に対し110万円(うち弁護士費用10万)、

静岡新聞に対し165万円(うち弁護士費用15万円)、

秋田魁新聞に対し110万円(うち弁護士費用10万円)

の支払いをそれぞれ命じるものでした。

共同通信社に対する請求は棄却されました。

9月18日16時現在判決文は手元にありませんが、これから手にいれます。

|

« 勝訴確定 対 主婦と生活社 | トップページ | 勝訴 対 地方新聞社事件判決より »

「失ったものを取り返す」カテゴリの記事

コメント

まずはおめでとうございます。
フジテレビがどういう思いで控訴したのか理由が知りたいところですが、明日は刑事訴訟の公判日だそうで、こちらの方がもっと大事なことですね。ちなみに何時からか教えていただければ助かります。

投稿: 砂岩焼死体 | 2007年9月18日 (火) 17時17分

おめでとうございます。
正直、週刊女性やフジテレビが相手の時には
勝って当然かもと思っておりましたが
共同配信による新聞社に賠償を命じる判決が出たとなると
日本の報道史に残る大変な判決かもしれないと思っています。

投稿: ロハスメディア・川口 | 2007年9月18日 (火) 17時48分

砂岩焼死体先生 コメント有り難うございました。
メインである明日の刑事公判では、頑張っていただくのは、弁護士さんで、私が発言する場面はありませんが、出廷すること、この裁判が遷延していること自体が不愉快です。しかし、そういう立場になってしまえば、頑張るしかないです。

投稿: 紫色の顔の友達を助けたい | 2007年9月18日 (火) 21時17分

おめでとうございます。
先生のこれまでの努力に謹んで敬意を表します。

認容額は、従来の裁判例の傾向からみて、保守的な裁判官たちの判断としてはやむを得ない部分もあるかもしれませんが、今後の名誉毀損訴訟の流れを変えうるマイルストーンを次々と残されているのではないかと思います。

陰ながら応援させていただいております。
今後のさらなるご活躍を祈念いたします。

投稿: fuka_fuka | 2007年9月18日 (火) 21時23分

おめでとうございます。
最近は先生のブログをあまり見ていなかったのですが、良いニュースでホッとしています。

医師の1人として、先生のご活躍を今後も応援します。

投稿: 三輪 高之 | 2007年9月18日 (火) 23時05分

また一歩ですね。おめでとうございます。

なぜ共同通信社が免れたのか納得できませんが。まさか内部報告書を正しいとしているわけでもないでしょうに。

投稿: 腎臓内科医 | 2007年9月18日 (火) 23時07分

画期的な勝利です。おめでとうございました。
そして、本当にお疲れ様でした。
先生の決意と覚悟に続きたいと思います。
http://doctors21.jp
お役に立てませんで、申し訳ありませんでした。

投稿: 座位 | 2007年9月18日 (火) 23時13分

ロハスメディカル川口様、fuka_fuka先生、三輪 高之先生、腎臓内科医先生、座位先生。
 コメント有り難うございました。本来であれば、ひとりひとりに、ひとつひとつお礼を申し上げたいのですが、明日9月19日は午後から刑事公判がありますので、早めに休ませていただきます。
 本当に有り難うございました。

投稿: 紫色の顔の友達を助けたい | 2007年9月18日 (火) 23時25分

今日はお疲れ様でした。
はじめの30分だけ見させていただきました。
真実が認められることを願っています。

投稿: 砂岩焼死体 | 2007年9月19日 (水) 23時20分

砂岩焼死体先生コメントありがとうございました。
 今日の公判はまだ、種まきの段階です。次回の収穫は見るべきものがあると思います。日本でも最高の弁護士さんの一人の実力がみられるはずです。

投稿: 紫色の顔の友達を助けたい | 2007年9月19日 (水) 23時44分

おめでとうございます
さあ、次ですね

投稿: | 2007年9月20日 (木) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87351/7998651

この記事へのトラックバック一覧です: 勝訴速報 対 上毛新聞、静岡新聞、秋田魁新聞:

« 勝訴確定 対 主婦と生活社 | トップページ | 勝訴 対 地方新聞社事件判決より »