« 復刻 フジテレビ訴訟 勝訴本人訴訟第1号 | トップページ | 「日経メディカル」記事掲載ー本人訴訟でフジテレビに勝訴― »

2008年3月 7日 (金)

復刻 フジテレビ訴訟 控訴審

2007年9月12日 フジテレビ側 控訴http://kazu-dai.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_5212.html

②2008年2月1日 今日のフジテレビ控訴審 http://kazu-dai.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_f412.html 

2007年9月12日 フジテレビ側 控訴

 東京地方裁判所 民事第6部に連絡したところ、フジテレビ側は、2007年9月10日に控訴したとのことです。記録が高裁に移った後に、呼び出しがあるそうです

②2008年2月1日 今日のフジテレビ控訴審

 今週来週は本人訴訟の嵐です。今週は、小学館控訴審(相手弁護士3人法務部3人)と今日のフジテレビ控訴審(原審弁護士3人助っ人弁護士1人(他の法律事務所で元判事のベテラン))、来週は集英社+毎日新聞社医療問題取材班訴訟があります。

フジテレビは、強制執行を申し立てて、75万円の担保を立てさせてまでねちっこくやっています。素人相手に大人げないなと思っていたところ、今度は、助っ人登場。相手は複数の法律事務所の4人となりました。これに向こうは法律事務所の秘書さんが沢山いますから羨ましい。こっちは、一人で、証拠集め、判例と法律専門書の読み込み、書面書き、印刷、推敲、再印刷、コピー(一回の書類提出で、軽く数百枚になる)、ハンコ押し、ファクシミリ、郵便、出廷、裁判官とやり取りしながら必要事項のメモ。これが二週間で3つあると結構大変ですよ。

 控訴理由書、答弁書、準備書面、附帯控訴状、陳述書、証拠説明書等の書き物で、睡眠時間が大幅に減少。2時間以内になると結構辛い。久しぶりに床に寝ました。「控訴趣意書の答弁書と準備書面と固い床」http://kazu-dai.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_55b3.htmlの「どうしても明日までに仕上げない書類の作成中に眠くなったら、医局の固い床のカーペットの上に寝ています。寝心地が悪いと直ぐに起きることができるからです。締め切りの近い学会の抄録や依頼原稿、学位論文もこの方法でやっていました。「眠らない」ためには、「眠りにくいところで寝る」ことが仕事を仕上げるのにはよいと思っています。」状態でした。

|

« 復刻 フジテレビ訴訟 勝訴本人訴訟第1号 | トップページ | 「日経メディカル」記事掲載ー本人訴訟でフジテレビに勝訴― »

「本人訴訟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87351/10951371

この記事へのトラックバック一覧です: 復刻 フジテレビ訴訟 控訴審:

« 復刻 フジテレビ訴訟 勝訴本人訴訟第1号 | トップページ | 「日経メディカル」記事掲載ー本人訴訟でフジテレビに勝訴― »