« 日本の名誉毀損損害賠償額算定学 | トップページ | 連載第一回 JAMIC JOURNAL 「リヴァイアサンとの闘争―正当な治療行為で冤罪にならないために」 »

2008年10月31日 (金)

リヴァイアサンとの闘争―正当な治療行為で冤罪にならないために

「リヴァイアサンとの闘争―正当な治療行為で冤罪にならないために」を連載中の「ジャミックジャーナル」の11月号が発行されました。今回の題名と見出しを紹介します。

11月号

第二回目医療事故冤罪―業務上過失致死罪における過失の有無

医療事故冤罪

業務上過失致死とは

医療者としての反省と犯罪の狭間

「事実」と「評価」を混同せずに「事実だけを話す」

10月号

第一回  冤罪事件経験者からの伝言

「虚偽の報告書」で犯罪者扱い

・“証拠の女王“:警察・検察の作文=自白「供述調書」

・「取調室の心理」

・新連載の目的「冤罪にならないために

|

« 日本の名誉毀損損害賠償額算定学 | トップページ | 連載第一回 JAMIC JOURNAL 「リヴァイアサンとの闘争―正当な治療行為で冤罪にならないために」 »

JAMIC JOURNAL 連載 「リヴァイアサンとの闘争」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87351/24900329

この記事へのトラックバック一覧です: リヴァイアサンとの闘争―正当な治療行為で冤罪にならないために:

« 日本の名誉毀損損害賠償額算定学 | トップページ | 連載第一回 JAMIC JOURNAL 「リヴァイアサンとの闘争―正当な治療行為で冤罪にならないために」 »