« フジテレビ地裁判決:判例タイムズに掲載される | トップページ | 第6回 (final ) 弁護士を直ぐに雇い、供述調書に署名するな »

2009年1月28日 (水)

第5回 供述調書作成-「自分の調書」を書かせる

JAMIC JOURNAL 2009年2月号

"リヴァイアサンとの闘争―正当な治療行為で冤罪にならないために"

第5回連載されました。

005  供述調書作成-「自分の調書」を書かせる

刑事事件の天王山は「供述調書作成段階」 

 「供述調書」と呼ばれるものは、犯罪行為を疑われているあなた自らが書いた「供述書」とはまったく違うものです。「頑強に否認する被疑者に対し、『もしかすると白ではないか』との疑念をもって取り調べてはならない」(増井清彦著『犯罪捜査101問』)と職業教育された捜査官が作成するものです。刑事訴訟法上「被告人の供述を録取した書面(=供述調書)で被告人の署名もしくは押印のあるものは、……証拠とすることができる」ので、「『供述調書作成段階』はすでに『裁判開始段階』」という意識が必要です。伝聞証拠(公判廷での直接供述以外の書面・証言)を排除する原則に反し、「証拠書類依存」「供述調書重視」が刑事裁判の現実だからです。

「供述録取」とは「捜査官の作文書き」 

 「録取」と漢字で書かれると「被疑者の供述を録音したものに準ずるような記録」を想像しますが、そんな甘いものではありません。人を犯罪者につくり上げることを業としている「捜査官製の理路整然風の作文」は、プロの仕事であり、いかにも被疑者が実際に語ったかのように書かれてしまう。実際に任意事情聴取したときとは微妙に文言を変え、捜査官に都合がよいように思い描いたストーリーに方向転換し、結果的に内容がまったく違う文章につくりあげるのです。

「『告白語り』形式」から唐突な「『問答』形式」への変換に注意 

 「被疑者が過去の出来事を告白し語っている」ふうの文章が漫然としてくると、突然、話のキャッチボールが実際になされたかのような「問答形式」の記載が開始されることがあり、厄介です。

「……胎盤剥離を続けると出血が激しくなったのです。(このとき当職は、供述者に手術で使用されたクーパーを示した)

(問)『噴水のように湧き出る出血がさらに激しくなったとき、使用していたこのクーパー(はさみ)での剥離を中止して、子宮を摘出すれば、出血は完全になくなると考えませんでしたか』

(答)『その時は、止血に懸命で一切頭に浮かびませんでした』

(問)『今、振り返ってみるとどうですか』

(答)『剥離を中止して、子宮摘出すれば出血が止まったと思います』(問答終了)」

実際には、このような会話は一切なかったのに、「録取」したことにして調書に記述するのが、捜査官のやり方なのです。

「訂正」が最大の山 

 「調書」が書き上がると捜査官はこれを読み聞かせようとしますが、絶対に拒否してください。当然の権利としてその書面を自ら手にとって閲覧し、じっくりと最初から最後まで一字一句噛み締めながら最低3回以上読んでください。何十回でもかまいません。10ページ程度の調書中、まったくのデタラメから、ちょっとニュアンスが違う程度、「てにをは」まで含めると、訂正したい部分が30以上もありました。端から端まですべて訂正を求めてください。捜査官が「面倒だ」「30ヵ所もか!」と文句をいっても、何時間かかっても、プリンタのインクがなくなっても、全部やり通す。正気堂々、艱難辛苦、臥薪嘗胆、とにかくここでド根性でがんばるのです。捜査官は些細なところばかり訂正して、肝心なところには聞く耳を持ちません。そして、強制は違法捜査です。「訂正してくれないなら、今日はもうやめます。署名しません。帰ります」というと、「じゃ勝手にしろ。貴様の権利ばかり主張するなら、こっちも考えがある。帰れ」と激怒したので帰りました。中途半端な訂正はむしろ最悪です。

「リヴァイアサン」に対峙する“唯一の武器”は署名押印しないこと 

 調書は一事件被疑者一人につき10通作成されることもあります。しかし、冤罪を回避するためには署名押印調書は0通でもよいのです。「真偽と虚偽は、言葉の属性であって、ものごとの属性ではない。そして言葉がないところには、真実も虚偽もない」(ホッブス『リヴァイアサン』)

連載最終回 予告

006  弁護士をすぐに雇い、供述調書に署名するな

現実直視と弁護士依頼

基本①:「調書に署名するな」

基本②:「評価はするな、話すな」

基本③:苦しかったら弁護士を悪者に

おわりに

過去の連載記事

第一回  冤罪事件経験者からの伝言

http://kazu-dai.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/jamic-journal-2.html

第二回  医療事故冤罪-業務上過失致死罪における過失の有無

http://kazu-dai.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/jamic-journal-0.html

第三回 事情聴取-「取調べ」は通常の会話ではない」

第四回 「リヴァイアサンとの闘争―正当な治療行為で冤罪にならないために」

http://kazu-dai.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-c6ad.html

|

« フジテレビ地裁判決:判例タイムズに掲載される | トップページ | 第6回 (final ) 弁護士を直ぐに雇い、供述調書に署名するな »

JAMIC JOURNAL 連載 「リヴァイアサンとの闘争」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87351/27540321

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回 供述調書作成-「自分の調書」を書かせる:

« フジテレビ地裁判決:判例タイムズに掲載される | トップページ | 第6回 (final ) 弁護士を直ぐに雇い、供述調書に署名するな »