« 橋下徹弁護士の矛盾 | トップページ

2010年8月24日 (火)

本日 東京女子医大"マッチポンプ”事件判決 言渡し

①久々のブログ更新―本丸決戦の終結

2010824日(火)午後1310分 東京地裁 606号法廷で、私が東京女子医大と東間紘元病院長を訴えた所謂、「東京女子医大"マッチポンプ“事件」の判決言い渡しがあります。

②マッチポンプ事件とは

被告東京女子医大が、2002年8月15日、原告が担当した手術で心肺装置の操作を適切に行わず患者に重度の脳障害を生じさせて死に至らしめ、業務上過失致死罪にて逮捕、起訴されたこと等を理由として、原告を諭旨解雇しました。

しかし、原告が業務上過失致死罪を理由として逮捕、起訴された事実は被告女子医大自身が、虚偽の内容を含む内部報告書を作成・公表した結果、捜査機関が捜査を誤って原告の逮捕、起訴に及んだからであって、そのことを根拠として被告女子医大が原告を諭旨解雇することは、いわゆるマッチポンプに他なりません。

③医学会、司法、ジャーナリスト全てに否定され、自らも否定した内部報告書

 しかも、この内部報告書は、2003年には、日本の心臓外科関連3学会が、2005年には、東京地方裁判所が「完全な誤り」であることを明言したにもかかわらず、東京女子医大がその誤りを認めず、患者遺族とともに佐藤が長期間苦しむことになりました。

④白い虚塔、黒い巨象の態度

 さらに、20093月に東京高等裁判所も無罪を言い渡し、同年4月には、無罪が確定し、被告東間紘医師自身が、「内部報告書の結論に根拠はない」「大学に責任があると考えたが、報告書には全く言及しなかったが、当然するべきだった。」「大学の検証が科学的でないといわれればそのとおり」等、実質上非を認めながら一切の謝罪をしていません。これに対し、原告佐藤は、衷心から謝罪するという態度で謝罪文を書けば、和解に応じると通達しましたが、これを拒否。結局判決となりました。

⑤弾劾すべき体質

 東京女子医大が私に対しておこなってきた権力の行使による人権侵害、パワーハラスメント、大学の責任隠蔽のための罪のなすりつけは、謝罪なしには許されるものではありません。一般市民の感覚も、政治家、法律家、医師、ジャーナリストの皆さんの感覚も、私と一致するものと存じ上げます。本日1310分の判決がどうであろうと、皆さんの正義感が、小説「白い巨塔」で描かれた大学病院が幼稚に思えるほどの邪悪な行為をおこなってきた東京女子医大、東間紘元病院長、黒澤博身元心臓血管外科教授を弾劾して下さると期待しております。

|

« 橋下徹弁護士の矛盾 | トップページ

「東京女子医大 幹部不正事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87351/36328285

この記事へのトラックバック一覧です: 本日 東京女子医大"マッチポンプ”事件判決 言渡し:

« 橋下徹弁護士の矛盾 | トップページ